夜間・留守中の夜鳴きが気になる時の対処法は?

実は高齢な犬と暮らす方のお悩みには、夜泣き、遠吠えという問題があります。日中はとても静かに眠っているものの、深夜、早朝に大声で何時間も鳴き続けるのです。

これでは家族の睡眠不足はもちろんのこと、周囲への騒音も気になってしまうでしょう。このことが理由で老犬ホームへ愛犬を託すという判断をされる方もいるほどです。

もし愛犬がこのような場面に直面したら、どう対処すべきかを考えていきましょう。

夜鳴き、遠吠えの原因を理解する

高齢になった犬が大声鳴き続ける理由は、

〇不安

〇警戒

〇体の苦痛

などがあります。持病がない場合でも、ただ眠っているだけでも、足腰の痛みがあることもあるからです。

また、視覚、聴覚、嗅覚が加齢とともに劣化していくことで、家族の存在を認識できず不安に陥ってしまうです。大きな声を出すことで、自分の存在をアピールし、家族に気が付いて欲しい、傍にいて欲しいと伝えているのです。

高齢な犬にとって、大声で鳴き続けるだけでも相当な体力消耗につながるので、決して楽な行為ではありませんが、不安を前に必死なのです。

ただ、家族も終日付き添うことも夜間も寝ずに寄り添うことも出来ないものです。だからこそ罪悪感を抱き、共に過ごす事を辛いと感じてしまいます。

しつけ的な意味でも「叱る」は逆効果

愛犬のこのような行動は、本能に基づく行動であり、しつけとして「叱る」「ハウスに入れる」という方法では解決に至りません。

たとえ叱っている言葉でも、愛犬は飼い主の反応があった事を前向きにとらえてしまうこともあります。ハウスに入れたことで、隔離された空間でさらに不安を募らせることもあります。このような行動はむやみに叱らないことも大切なのです。

夜間や早朝に鳴き続ける理由は?改善策は?

家族の留守中は理解できるものの、在宅中である夜間や早朝に鳴き続けることも珍しくありません。これは犬の体内時計が狂ってしまったという説もあれば、あえて家族がいる時間に鳴いているという説もあります。

高齢になると睡眠時間が増え、体内時計は乱れがちです。しかし、完全に昼夜の区別が出来ないわけではありません。留守がちな家庭の場合、日中はどんなに鳴いても誰もいないことを愛犬はすでに理解できています。

だからこそ、家族の在宅時間に鳴き、家族を呼んでいるのです。

これまでの生活からくる習慣ですから、なかなか完全にリセットさせるのは難しいでしょう。また、家族が日中に在宅している場合も同様です。夜間になり、部屋が暗く静かになることで、愛犬は本能的な不安や恐怖を感じているのです。

このような場合は、

〇留守中はテレビやBGMをつけたままにする。生活音を出し続けることで、静寂を作らない

〇夜間就寝時も愛犬の居場所は照明をつけ、暗闇にしない

〇家族の姿が見える場所に愛犬を移動させ、就寝させる

〇日中や夕方に散歩の比重を置き、体力を消耗させることで、夜間の就寝を促す

〇夜7時以降は、愛犬を静かな場所へ移動させ、そのまま入眠出来るようにうながす

(家族の過ごすリビングにいると、愛犬は目がさえてしまい、入眠のタイミングを逃すので)

〇ペット用ヒーターを用意し、肌寒さを感じないように工夫する

(肌寒さは不安や緊張を増長させるため。子犬の時期に母犬に寄り添い眠っていた当時の体感温度を作り出すことで、安心感を与える)

同居の犬が要る場合、お互いが視界に入るようにサークルを設置することも安心感を与える方法の1つです。

それぞれに違う正解と呼べる対処法

高齢犬の問題行動は、しつけだけでは解決が難しい問題です。共働き世帯が増える中で、家族だけで問題を解決するのは難しいでしょう。

最近はドッグトレーナーやペットシッターの仕事の1つに老犬介護も増えています。

自宅を訪問し、入浴や介護のお手伝いをしたり、愛犬の生活空間や用品のアドヴァイスなども引き受けています。また日中に限り老犬を預かるペットホテルも増えています。

留守中の自宅で愛犬の遠吠えが気になる、トイレの失敗が気になる、投薬や通院もあるでしょう。そのような場合は積極的にプロの力を借りて、家族の負担を軽減しましょう。

 

犬のしつけ方

\ Share /