犬嫌いにさせない他犬との付き合い方

犬にも人間同様に性格があり、人見知り、シャイ、怖がりなタイプもいます。せっかく他犬が挨拶をしてくれていても牙をむいてしまうことや吠えてしまうこともあります。

これでは飼い主としてなんだか切ない気持ちになるでしょう。その上、毎日のお散歩ともなれば、愛犬の無駄吠えがストレスにもなります。

犬嫌いになるかどうかも、実は子犬の時期のしつけに大きく関係しています。愛犬の犬嫌い予防法をしっかりと考え、実践してあげましょう。

犬嫌いは後天的な要素

犬は本来群れをなし暮らす動物です。もちろん犬種や環境、性格などの多少の違いはあるものの、全力で吠えるほど拒絶してしまうには訳があります。

それは子犬の時期の「社会化」と呼ばれる経験が不足していることで、自分以外の存在に無用な警戒心を抱いているからです。

社会化とは、

・人間社会で暮らすための様々な経験を積むこと

・自分、家族以外の存在を認識し、危険性がない事を理解すること

です。

子犬の場合、生後3~6か月がこの社会化経験を積む最も大切な時期だと言われています。ちょうど人間でいうと幼稚園や保育園に通う年代です。このタイミングで様々な経験を積むことで、その後の成長は大変スムーズになります。

他犬への社交性も身につき、挨拶の仕方、距離の取り方、遊び方、もちろんお互いの縄張りについても学びます。

日々仕事や家事で忙しいという声もありますが、子犬を家族に迎えた以上は出来る限り多くの時間をこの社会化の割いてあげましょう。

子犬の社会化のゴール地点はどこ?

「生後6か月までに100人の人に触れ合い、100匹の犬と挨拶を交わす」ことです。なかなか難しいと感じる数字でしょう。

毎日同じ時間、同じルートで散歩をするだけではクリアできない数字です。もちろん散歩をせずに自宅にこもりがちではなお難しくなります。

この目標を達成することが出来た犬は、社交性があり、無暗に吠えることもなく、トリミングショップや動物病院の利用もとてもスマートです。

もし仕事や家事で忙しいなら、この期間だけでも犬向けの幼稚園や保育園の利用も効果的です。毎日違うメンバーと触れ合うことが出来る上に、大小様々な犬種と顔を合わせることも出来ます。

犬同士にも相性はあります

犬にも人間同様に性格があるのですから、当然相性もあります。犬同士の挨拶ではお互いがお尻の臭いを嗅いだり、顔を近づけ挨拶をします。至近距離に近づくという事は、それだけ相手を受け入れているというサインです。

しかし、中にはどちらかが拒絶し、挨拶が出来ない、近づくことが出来ない犬同士もいます。相手がとても積極的な性格でも、愛犬が拒否をすることもあるでしょう。

こんな時、子犬の社会化だからと愛犬に無理強いをしてはいけません。愛犬が嫌がる素振りを見せたり、相手が嫌がる場合は、リードを引き寄せ、その場から立ち去ります。

飼い主が無理強いをしたり、判断を誤ることで、喧嘩やトラブルに発展することもあるからです。犬同士の関係は、人間と違い遠慮はありません。

相性が悪いこともあると、おおらかに見守り、受け入れてあげることが大切です。

 

犬のしつけ方

\ Share /