「マテ」の教え方と活用法

子犬のしつけでは、「おすわり」と一緒に「マテ」も習得させていきます。

マテもおすわり同様に食事を前にして教えることが多いものです。中には食事を前によだれをたらしてしまったり、足をばたつかせながらマテをすることもあります。

でも、おすわり同様に「マテ」も今後の生活にとても大切な意味をもつので、正しいマテとはどうあるべきかを考え、教えていきましょう。

「マテ」の教え方はカウントを活用

マテはおすわりとセットで教えていきましょう。愛犬がオスワリの姿勢になり、床にお尻をつき、落ち着いた態度になったタイミングで「マテ」と次の合図を出します。

愛犬にとっても、オスワリの次にどうすべきか?がわかりやすくなります。愛犬が勝手に動き出さないようにというお互いの意思が伝わり合うでしょう。ここで重要になるのは、「マテ」のどう維持させるか?という点です。

愛犬に「マテ」と指示を出し、飼い主がその場を離れたり、別の行動に出ることで、愛犬が勝手に「マテ」を終えてしまっては意味がありません。愛犬にまだ「マテ」の指示が継続していることを伝えるためには、飼い主が声に出して数を数えてあげましょう。愛犬はこのカウントが続いている間は「マテ」が継続していると理解できます。

カウントの終わりに「ヨシ」や「OK」「GO」といった次の合図があればより明確です。例えば散歩中に飼い主が愛犬から目を離す瞬間と言えば、トイレの片づけ中でしょう。愛犬から目線が離れてしまいます。

この時、愛犬にマテをさせ、片付けが終わるまでじっとするように伝えることが出来れば、とてもスムーズです。そうでない場合、愛犬はその本能から一刻も早くその場を立ち去ろうとリードを引っ張るかもしれません。

好奇心から通行人や他犬に飛びついてしまうこともあります。これではわずかな時間といっても、飼い主もストレスを感じ、トイレの片づけを不快に感じるでしょう。家族にとっては可愛い愛犬でも、周囲には犬が苦手な方もいます。

愛犬から目を離す瞬間は、マテとカウントで安全対策を講じておきましょう。

「マテ」を活用すべき場面

マテは散歩以外にも様々な場面で活用できます。

例えば、

・動物病院やトリミングショップで受付を済ませる間

・動物病院の待合室

・動物病院の診察中

・リードや洋服を着脱させるとき

・愛犬が飛びついては困るとき

などです。

愛犬と一緒に外出をすると、意外にも愛犬から目を離す場面が多い事に気が付きます。飼い主が用事を済ませる間、じっとしていて欲しい、落ちついていて欲しいという時に、マテは大いに効果を発揮します。

マテはお座りとセットが基本

はじめの画像にもあるように、同じ「マテ」という合図に対して、オスワリをする場合と立ち上がっている場合とがあります。どちらも飼い主の手が届く距離に近づいていることは高く評価出来ます。

しかし立ち上がっている場合、不意に立ち去る、飛びつくこともあり得ます。これが子犬ではなく大型犬であれば大きな違いになるでしょう。マテを教える時は、必ずオスワリもしくはフセの姿勢を保つように教えてあげましょう。

 

犬のしつけ方

\ Share /