ペットがもしも病気になってしまった時、怪我や交通事故、高齢になってからの通院や手術などペットのもしもの時に心強い味方になってくれるサービスがペット保険です。今やペット保険は大小様々な保険会社が提供し、サービス内容も多様化しています。今回はペット保険への加入に迷っている方へペット保険の基本についてご説明させていただきます。

本当に保険は必要なの?

まず、ペット保険は必要?必ず入るべき?と誰もが考えたことがあるポイントについてです。

実はペット保険の加入率はペット飼育世帯の2~3割程度だといわれています。そのほとんどが生後数年の若い犬猫です。中でも比較的多い年齢層は生後一年未満の子犬、子猫です。これはペットショップから子犬や子猫を購入する際に同時加入が薦められるためです。

もちろんペットショップから子犬や子猫、小動物を購入する際のペット保険加入は任意です。購入にあたり必ず加入しなければならないという取り決めはありません。

つまりかならず必要とも、かならず加入すべきとも言い切れないのがペット保険の実情です。

ペット保険への加入、未加入は

・ペットが暮らすそれぞれの家庭の事情
・飼い主のペットの飼育歴、飼育経験
・ペットの年齢
・ペットの持病

など様々な視点から考えてみましょう。

保険に入らないと、どんな時にどれだけお金がかかってしまうの?


ペット保険の話題が挙がるときに大抵の方は「ペットは医療費がかさむ」「医療費が驚くほどくに高額だった」という話題も併せて耳にしたことがあるでしょう。

ペットの医療費は人間の医療費のように保険適用がないので、全額自己負担です。そのうえ治療にかかる費用は個々の獣医師により異なり同じような治療内容であっても金額が大きく異なることも珍しくありません。

では、ペットにかかる医療費の相場とはどのくらいかをみてみましょう。

〇避妊去勢手術 3~5万円
〇混合ワクチン注射 8000~1万円
〇フィラリア、ノミダニ予防(小型犬) 1万円(6カ月分相当)
〇骨折による外科手術   30~50万円
〇ヘルニアによる腰部手術 50~80万円
〇癌のための手術  100万円~

一般的に治療や手術には初診料、診察料、検査代、薬剤など上記以外の別途費用も生じます。

例えば子犬を家族に迎え、家族の不注意で骨折させてしまったということもあるでしょう。小さな子供の遊び相手にと考えていたものの、誤って踏んでしまった、抱っこから落としてしまったということもあります。このような場合、骨折の手術に30万円、その後の前後の検査や経過観察などに総額で50万円ほどかかることもあります。

また癌を発症した場合、癌の確定診断をするための検査、手術から始まり、患部の摘出、術後の入院、経過観察と合わせて放射線治療や抗がん剤治療という選択もあります。

今やペットも人間と変わりのない先進医療を受けることができます。しかしその医療費は大変高額で100万円を軽くこえることも珍しくありません。大切な家族であるペットの病気に直面した時、医療にどこまで費用をかけるのか、どの程度までの治療を求めるのかは家族にとって難しい判断になるでしょう。

もちろん突然生じる高額な出費は家族にとって大きな問題になります。

このほかにも

〇腎臓疾患
〇尿路疾患
〇アレルギー
〇呼吸器疾患
〇心臓疾患

このような慢性的な症状を発症した場合、長期間継続的な薬の服用が必要となる病気もあります。
ペットの医療費は加齢とともに負担が大きくなるので、ペットが若く健康なうちから計画的に費用を準備しておくと安心です。

保険に入るメリットとデメリット

ペット保険への加入を考える時、何より気になるのは毎月生じる保険料の支払いです。ペット保険が多様化し、現在では毎月の保険料が数百円と手ごろな保険から毎月7000~9000円と人間の保険並みのサービスもあります。

もし愛犬が健康で、通院と無縁な生活を送ることができていたら、この保険料の支払いを無駄だった、節約をすべきだったと考えてしまうでしょう。

でも、もし突然の怪我や交通事故に巻き込まれてしまった時、保険料を支払っていたことが大きな安心につながります。ペットの保険はすべて掛け捨て保険です。人間の保険のような積見立て式はありませんので、加入にあたって保険料の支払いが家計の負担にならないかもしっかりと考えてみましょう。

【ペット保険に加入することのメリット】
・ペットの医療費の一部を保険で補償してもらえる
・ペット保険会社が提供するサービスや情報が定期的に届く
・治療費の補償を受けることができる

【ペット保険に加入することのデメリット】
・保険料の支払いが続く

このように考えてゆくと、メリットもデメリットもいずれが大きいのかは判断が難しい所です。ただ保険料の支払いが負担にならない範囲であれば、もしもの備えと考えペット保険への加入を考えてみるのも安心につながります。

高額な保険料を必要とする保険サービスは、補償内容も充実していて安心感も大きくなります。しかし反面で、経済的負担が大きいことから長期での加入継続が難しくなり、解約をする方も大勢います。ペット保険はもしもの時の備えですから、長い目で考え継続加入できるかどうかをしっかりと考えましょう。

もしもの時の備えにならない加入者に多い勘違い

ペットのもしもの時に備えとなるペット保険はサービスが多様化したことで、様々な保険料設定があり選択肢も増えました。
最近では大手携帯電話会社や楽天などペット保険に加入することでポイント付与があるサービスも注目を集めています。

しかし一方で、ペット保険の仕組みが分かりにくい、医療費の補償を受けることができなかったという声も増えています。

ペット保険各社では、加入にあたって保険の詳細を記した契約書を用意しています。契約書の内容は補償対象となる症状や治療方法、金額の上限など事細かに記載されています。

小さな文字で専門用語が多く、つい内容の確認があいまいなまま契約、加入へと進んでしまう方も多くみられますが、加入にあたっては自身の望む内容で補償を受けることができるかどうかを確認しましょう。

【多くの方が感じたペット保険へ不満、誤解】
・避妊去勢手術の費用は補償されなかった
・骨格形成不全があったものの、先天性疾患と判断され手術費用は補償されなかった
・慢性アレルギーの治療に毎月必要な飲み薬は補償対象外だった
・治療のために動物病院で薦められたドッグフードは保証対象外だった
・癌で高額な医療費が必要なものの、一部しか補償されなかった
・医療費は病院で一旦飼い主が全額支払い、後日保険会社へ請求するように言われた
・かかりつけの動物病院で加入中のペット保険会社との取引がなく、支払いでもめてしまった

実はこれらの内容はすべて保険会社の規約に記載されています。しかし加入の時点で未確認であったり、個別の症例や治療方法への判断が難しかったりと、なかなか飼い主目線では難しいものばかりです。

ペット保険各社はコールセンターや相談窓口を設けています。加入前に不安や疑問がある場合は、ぜひ直接相談をして、納得をしたうえで加入手続きを進めましょう。

緩和されているペット保険加入可能条件

ここ数年でペット保険を扱う企業は増加傾向にあり、すでに飼い主が加入している生命保険のオプションサービスとして追加できるというプランも登場しています。

ペット保険サービスが多様化し、企業間の競争が激化したことは飼い主へのメリットにもつながっています。それはペット保険加入条件が緩和されているという点です。具体的には

〇生年月日が不明なペット
〇高齢なペット
〇持病があるペット
〇小動物

これらのペットもペット保険へ加入することができます。以前はペット保険加入にあたっては年齢制限がありました。高齢になり病気の発症率が高くなってからでは新規加入ができず、加入は若く健康なうちに契約し、その後継続加入をすることが前提だったからです。

しかしこの仕組みでは生年月日の届け出が必須とされていましたが、これでは保護犬、保護猫達は加入ができません。近年、国内でも保護犬、保護猫の飼育が広がったことを受け、この点が見直されたことで、多くのペットが新たに加入できるようになりました。

現在では多くの保険会社で、生年月日が不明な場合は、獣医師の判断で推定年齢を算出し、加入手続きを済ませています。同様に持病や先天性疾患がある場合も、加入時に申告をすること、一定の条件のもとで新規加入を可能としています。

ペット保険に関する情報やサービス内容は年々見直しがされ、ますます加入者、飼い主、ペットの要望に近い内容が増えています。ぜひ最新の情報に目を向けてみましょう。

ペット保険加入前に確認すべき4つのポイント


今、ペット保険への加入を考えている方は下記の5つのポイントをチェックしておきましょう。

①月々の保険料は?
月々の保険料は無理のない金額でしょうか。保険料と補償内容のバランスを考えてみましょう。毎月数百円と保険料の負担が少ないペット保険の場合、補償される病気や治療の範囲も限られてしまいがちです。もしもの時にどの程度の補償を求めるのかで判断をしましょう。

②加入できるペットの条件は?
保険加入条件は保険会社によって条件が異なります。自身のペットが対象となるかどうかを確認しましょう。持病や先天性疾患、病歴がある場合、無申告で加入手続きを進めると補償対象外となることもあります。疑問点は保険会社に事前に確認しましょう。

③補償対象となる病気は?
ペット保険は各社補償内容が異なります。一般的には「予防医療」は補償対象外です。また先天性疾患や慢性的な持病の治療の補償には上限金額の設定や対象外とするなど保険会社ごとに判断が異なります。かならず加入前に確認をしましょう。

④医療費の支払い方法は?
高額になりがちな医療費の支払い方法も保険会社によって扱いが異なります。保険会社によって窓口では補償対象分を支払う必要がない、全額保険適用のため窓口支払いが不要というサービスもあれば、いったん飼い主が全額立て替え払いをして後日保険会社へ請求というサービスもあります。立て替え払いが必要な場合、請求から入金までどのくらいの日数を要するのかも各社で異なります。窓口での立て替え払いは、治療内容によっては数十万円になることもあるので、この点は重要な確認ポイントです。

多くの動物病院ではクレジットカード決済を導入しています。この場合、窓口でいったんクレジットカードで支払い、分割払い設定も可能です。しかし中にはクレジットカード決済を行っていない動物病院もあり、突然数十万円もの現金を工面しなければならないという問題に直面しかねません。

ペット保険加入にあたって上記のすべての項目が大切な内容です。無理なく継続して加入を続けることの出来るサービスへの加入をおすすめします。

おすすめ保険やプランと理由

ペット保険サービスが様々登場する中で、おすすめの保険サービスとその理由を解説します。

〇アニコムペット保険

国内第一号のペット保険会社で、国内最大手、動物病院での取扱件数第一位の企業でもあります。保険料の設定が高額な印象をもたれがちですが、その分補償内容の充実度は他社に比べダントツです。

動物病院窓口での立て替え払いが無く、すべての医療費が補償対象となるなど保険内容がわかりやすいので、安心して医療を受けることができます。

子犬、子猫を販売する大手ペットショップの多くがアニコムペット保険を扱っていることでも有名で、広告などを目にしたことがあるという方も多いでしょう。

コロナ禍では、飼い主の体調不良や入院等で預け先がないペットや世話に困ってしまっている方を対象に無償での預かりサービスを全国で提供し、ペットとの暮らしにおける存在感の大きさが伝わりました。

〇楽天ペット保険

ペット保険に関する様々なアンケートで人気ランキング上位に必ずランクインしている人気の保険です。保険料が手ごろな上に、毎月の保険料には楽天ポイントが付与されます。ペット保険は掛け捨てですから、少しでもキャッシュバックがあるのはうれしいポイントですね。

ただ補償対象となる病気や治療の範囲については加入前にしっかりと確認を済ませておきましょう。

まとめ

ペット保険への加入は、様々な視点で見極め、判断が必要です。加入にあたって不安な点や疑問点は曖昧にせずに加入前にきちんと解消しておくと安心です。